2013年06月16日

第十一話 いつか見た世界

小マゼラン雲

ガミラスが彗星帝国の艦隊と交戦中、としか俺には見えない。
だいたい音楽が彗星帝国のだし。

ガミラス側は
バーガー少佐 ハイデルン参謀 を従えた エルク・ドメル


地球の危機
〜対異星人 戦いの記録〜
   政府広報 20110707 ←??

2191.4.1
島の父親・大吾は富士宇宙港から飛び立ち、ガミラスと最初に交戦し敗れた巡洋艦ムラサメの艦長だった。

メルダ・ディッツ少尉の尋問をする古代。

ユリーシャから1年前に贈られた工程表にバラン星の記載

機関室の山崎応急長 衝撃の発言!
先に仕掛けたのは、地球側!
おバカな上官のせいだった。

ヤマトの湯 女湯
玲との会話 雪はここ1年の記憶しかない

玲がメルダを連れ出し、戦闘機でバトル!
無茶するなー。

で、ファルコンの出来がいまいち。ださ。
メルダに助けられる。

・・・なんてこった。

ガミラス=悪、からの完全なる脱却。

ガミラスにアホな上官がいるように、地球にもいる。
ガミラスに立派な戦士がいるように、地球にもいる。

肌の色以外は同じ人間。
人格も同列に扱うべき。

そういうこと。
そのほうが自然。

ここまでにもそういう空気は流れていたけど、今回でそれがはっきり浮き彫りになった感がある。

よく練られてるなぁ、って思った。

ヒーロー=正義、は昭和の考え方なのかもなぁ。




 
posted by デスラー at 23:00| Comment(0) | 宇宙戦艦ヤマト2199 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月09日

第十話 大宇宙の墓場

自由浮遊惑星バラン 中間地点
ゲールがヤマト撃破に

サルガッソにワープアウト。
なんと、ガミラスから女の使者が、ヤマトに。
ディッツ少尉 ディッツ提督の令嬢

浮遊するガミラス艦と協力し異次元空間を脱出する計画を受諾
波動砲でサルガッソに開口部を形成。
牽引ビームで牽引され、脱出。

ゲールの部隊と交戦
開口部が消滅
ガミラス部隊全滅。

どうなる、ディッツ少尉。

 
posted by デスラー at 23:00| Comment(0) | 宇宙戦艦ヤマト2199 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月02日

第九話 時計仕掛けの虜囚

ガミロイド
地球と同じ物理文明
再起動オルタナティブ
オートマタ

3POが帝国軍のメインフレームにアクセスするがごとく、ガミロイドがヤマトのメインフレームにアクセス、
悪さをするという・・・・。

アナライザーがまじめすぎるな〜。
スカートめくりしたり、おちゃらける人間っぽさがない。

がしかし、より分析ロボットたる活躍を見せるアナライザー。

全体としては、オリジナルにない、新たな一話のように感じた。


エンディングテーマが変わった。
Best of my Love 歌:安田レイ 作詞:田中秀典 作曲:楠野功太郎・玉井健二

新人歌手みたいだけど。
ヤマトがSMEの売り込みに利用されてるみたいで、嫌悪感。
実際、提供、だからしょうがないのかな?

それにしても、さぁ、
なんかさ〜、
今風のリズミカルな曲じゃなくてさぁ、
記憶に残る歌詞をベースにした曲のほうが売れるんじゃないかい?

言っちゃ悪いが、まったく憶えようという気にならないよ、この歌。
歌詞、邪魔くさいほどテロップで出てるけどさぁ。

ヤマトのストーリーや画のリニューアルに関してはあれだけこだわってるのに。

もし、
 エンディングテーマは売れない
     ↓
 そこそこ売りたい曲のお披露目の場として利用する
みたいな考え方があるんだとしても
そこは抑えて作品作りにこだわって欲しいものです。

以上。

 
posted by デスラー at 23:23| Comment(0) | 宇宙戦艦ヤマト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月26日

第八話 星に願いを

デスラー紀元103年記念式典。
アベルト・デスラー  レドフ・ヒス  ヴェルテ・タラン  ガデル・タラン
タランも側近として出てますね〜。弟もいるんだ。

では諸君、ゲームを始めよう。

ラジオヤマト、か。
癒しを提供してますね〜。

地球から8.6光年。シリウス星系。
8年前の地球の姿がVLBI望遠鏡で見られる。

ゲールのレベルの低さに首をかしげるデスラー。

12光年。グリーゼ581星系。
出雲計画で探査予定だった星が近い。

フレアプラズマ。人為的増幅太陽風。
デスラー魚雷。⇒ガス生命体。

ガス生命体を恒星に焼かせるのは同じ。
避けられない太陽フレアを波動砲で打ち抜くのも同じ。
シュルツは太陽フレアで焼死。

posted by デスラー at 23:00| Comment(0) | 宇宙戦艦ヤマト2199 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月19日

第七話 太陽圏に別れを告げて

地球指令本部 ⇒ 極東管区行政長官・ヤマト計画本部長 は
藤堂平九郎 で決まり。

コスモリバースシステム

ちょっと待った!
波動エンジンの設計図を届けに来たのは、サーシャではなく、ユリシャ??
しかも1年前?

まぁ、解析⇒製作期間を考えればそういう設定のほうが妥当だとは思うけど。。
あんまりストーリーが変わりすぎるとなぁ。

サーシャ・イスカンダル。ユリシャ・イスカンダル。

太陽系赤道祭

家族がいないのは、古代と沖田に加え、山本も。
マーズノイド。火星育ちは目が赤いんだ。
雪は土方に育ててもらったんだ。
雪は記憶喪失・・1年より前の記憶がない。

 
posted by デスラー at 23:00| Comment(0) | 宇宙戦艦ヤマト2199 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月12日

第六話 冥王の落日

テロン=地球 テロン人=地球人
どうもヤマト艦内にもガミラス帝星にも女性の姿が目立つなぁ。

ゲールを差し置いて直接デスラーに報告するシュルツ。
ガミラスにはサーベラーみたいなのがたくさんいて、ギスギスしたやな感じだ。

BBY-01 ヤマトの型番?

加藤がお経を唱えながら飛んでるのは変な感じだ。

反射衛星砲をかわすために潜水を繰り返しながら反射衛星砲のありかを突き止めるオリジナルの手法がなくなっちゃってちょっと寂しい。

逆さまのまま浮上するのは新しい。

主砲の砲門から「空対地ミサイル」と「ショックカノン」を切り替えて打てるのは新しい。

ゲキタムジャンプ=ワープ
プラード=冥王星

 
posted by デスラー at 23:00| Comment(0) | 宇宙戦艦ヤマト2199 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月05日

第五話 死角なき罠


ほう、シュルツの肌の色が違うのは劣等一族だからなんだ〜。
ちなみに肌が青いのは純血一族とのこと。
オリジナルのときは肌が青いという設定ができていないままの放映だったと思われる。

シュルツはドメルの下で働いていたことがあった。

遊星爆弾は反射衛星砲で作っていたんだね〜。

当時発見されたばかりの冥王星。海はないことが現在までに確認されたので、
ガミラスが環境操作をして作った、という設定になったようだ。

コスモゼロがカタパルトにせり出してくる場面、はやぶさが飛び出す様、凝ってますな〜。

3発目の反射衛星砲をくらったヤマトが冥王星の海へ沈む姿、まるで完結編をみているようだった。

 
posted by デスラー at 23:00| Comment(0) | 宇宙戦艦ヤマト2199 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月28日

第四話 氷原の墓標


ゆきかぜが墜落したのは土製の衛星だったが、タイタンではなくエンケラドゥス。
氷原、つまり水分があると考えられる衛星としてよりふさわしい、ということであろう。

タイタンは当時はともかく、厚い大気に覆われている火山活動が起こっている星だということがわかっているから。

きみ、宇宙人の親戚とかいる?   いいねぇ。

コスモゼロに主計科の山本玲が。
山本。の設定が。いまどき、だよね。

 
posted by デスラー at 23:00| Comment(0) | 宇宙戦艦ヤマト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする