2013年09月01日

第二十二話 向かうべき星

東京都に竜巻注意情報 テロンBSップ

艦長日誌:

補修に立ち寄った惑星・レクタポーダにおいて、我々は驚くべき事実を知ることになった。
ヤマトが向かうべき目的地、希望の星であるはずのイスカンダルと、われわれの敵ガミラスは
2重惑星だったのだ。
両社の間には我々のうかがい知れぬつながりがあるらしい。
彼らガミラスはイスカンダルを崇拝の対象としていたのだ。
我々は、レクタポーダ収容所に収監されていたガミラスの高官・ディッツ提督との会談に臨んだ。
現政権に反旗を翻した彼らであったが、互いのいきさつを考えても、怨讐を越え、
すぐに手を携えられるはずもなかった。

だがガミラスに関する有益な情報はいくつか得ることができた。
指導者の名は、アベルト・デスラー。
総統として君臨し、この広大な星間国家を恐怖で支配しているのだ。
ディッツ提督たちは人々を解放するために他の収容所惑星へと向かった。

我々は袂を分かつしかなかった。

しかし、共闘できないまでも、彼らは連絡将校1名を残してくれた。
これは、未来に希望をつなぐことなのだと信じたい。

なお、敵に拉致された本艦の船務長・森雪の生存が確認された。
彼女と接したドメル婦人の話では、森雪はユリーシャとして、
んぐ、んん!おー!おお、まだだ、あと少し!


・・・というわけで、1話分になりそうなエピソードが凝縮された。


とりあえず、ヤマトにメルダ・ディッツが乗艦。

雪はユリーシャとしてデスラーの前へ。
付き人のノラン・オシェットにうっかりイスカンダルをきれいな月だとか
言っちゃったりしてやばい感じ。
景色がガルマン・ガミラスっぽい。
ミーゼラ・セレステラがお目付け役。
ヒルデ・シュルツちゃんがメイドさん。

デスラーが収容所にいたミーゼラを自分の手で救った。

茨城県、栃木県、千葉県に竜巻注意情報 テロンBSップ

ドメル追悼式典前。
もういい!ゲール君。がんばってくれたまえ。
ヤマトは絶対国防圏に侵入。
本土防衛に艦艇がない状況。
雪の素性がばれそう。がデスラーにはどうでもいいこと。
イスカンダルとの大統合承認に利用する腹積もり。

ガーレガミロン! ガーレイスカンダー! ガーレデスラー!

南部の戦術作戦案。
森船務長救出作戦を却下する古代。

メルダと玲とユリーシャのガールズトークがおもしろい。
ユリーシャをあんた呼ばわりする玲につかかったり、
加藤をサブちゃんと呼ぶ衛生士・原田真琴のセリフを拾ったり、
玲のため息にいい人いないの?とユリーシャが突っ込んだり、
カラフルなマゼランパフェにどぎまぎするメルダ。
こんなものが宇宙にあったとは・・。
ガミラスの艦載機を真っ赤に染めたり。
メルダはかわいいね。ほんとかわいいねぇ。

と、和んだところで、
いよいよヤマトは、ワープしてサレザー恒星系へ。
あれ?太陽系サンザーぢゃなかったっけ?

空間機動要塞都市 第二バレラス
稼働率80%
構わないよタラン、アレが使えさえすればいい。
来るべき遷都に備えたもの  イスカンダル? はたまた地球?

ワープ終了。
土星みたいな星。サレザー系第5惑星・エピドラ。
第4惑星軌道に2連星を確認。

あれ? 第8番惑星ぢゃなかったっけ?

ガミラス・イスカンダルのポイントA1に高エネルギー反応!
どうなる、ヤマト!?
地球滅亡の日まで、あと何日くらいだ??

 
posted by デスラー at 23:00| Comment(0) | 宇宙戦艦ヤマト2199 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月25日

第二十一話 第十七収容所惑星

宇宙葬
 敵も葬る
 ディティールが細かい
 説明が足りない。オリジナルを見ていないとわからないかも。

収容所は機械化人が      機械化人?そうなの?てつろー

雪はイスカンダル人と思い込まれ
 ヤマトは沈んだと聞かされ
 思い込みに乗りユリーシャの振り
 ドメル婦人に出されたイスカンダルのドレスを着る
イスカンダルの作法とは

ヤマト、近くの惑星で補修物資の調達を目論む

古代はシーガルで偵察へ
ユリーシャも乗り込み
藪も伊東も乗り込んでいて
藪が操作盤を撃っちまうもんだから墜落
当然ガミラスも基地があって捕獲され

ユリーシャが見つかりやばい感じ
藪がまるでお笑い芸人のようにボケまくり
古代が機械化人にげしげしされ うけるし
同時に囚人たちの反乱がはじまり
そこへ手榴弾が転がってきて
藪も囚人に仲間と間違われ

スピード感あふれる速い展開
これじゃヤマトも救援する暇がない

ありゃ、伊東が撃たれちまった
最後にいい奴になったな
雪をイスカンダル人だと思い込んだまま・・

収容所はディッツ提督が掌握
雪はガミラス本星へ

古代は管制室のようなところへたどり着くが操作方法がわからず
ゆきぃぃ〜!!!!!!と叫ぶ!
そこへユリーシャ
ユリーシャには古代の居場所がわかるのか

エンディングはいいね。
やっとヤマトらしい感じの曲になったな

みんなで視聴しようYouTube JUJU:Distance

いまはまだ これしかないかな?

 
posted by デスラー at 23:00| Comment(0) | 宇宙戦艦ヤマト2199 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月18日

第二十話 七色の陽のもとに

オープニングは・・・orz。

でたね〜、瞬間物質移送装置 = 物質転送システム。
でもそういう説明がないんだよね。

3つある三段空母の艦載機がそれぞれ役割が違うのもわからない。
急降下爆撃機とか
ドメルの指示がないので、初めて観る世代にはわからないよ。

雪のホログラフをガミラス兵が見て
 「この顔を忘れるなよ」
どういう意味だろ

ドリルミサイル
逆回転噴射
遅延信管

ヤマト乗組員のスーツを着たガミラス兵が入り込み、
星名が撃たれ、百合亜が気絶

雪が拉致された!
「イスカンダル」とか言われて

新見、ドリルミサイル内部に侵入
真田さんじゃないんだね。
もともと兵器じゃないものを転用している、と分析。

あとでわかるが、波動防壁の重要性がベースにある。
だから真田はそちらに張り付く必要があったんだ。
たしかに、たった1隻で勝って戻ってくることを考えれば、最重要アイテムと考えるのが自然。

ガミラスはオリジナル当時にはなかった次元潜航艇までつぎ込んでくるえげつなさなので、
ヤマトにもなかった波動防壁くらいは欲しいところだ。
オリジナルでは最終話でデスラー砲を跳ね返した超最強アイテムがあったけどね。
もさすが真田さん!、て思った。

三段空母、戦闘機だけで撃沈 弱。

雪を乗せたコバンザメの回収
古代が追うも、亜空間へ。

ドリルミサイル反転成功
戦闘空母に接近したところを射撃
三段空母も巻き込まれる。

ドメル艦、イオン乱流に巻き込まれる。

機動部隊で直接叩こうなどわが身の驕り。

ドメルの円盤が第三艦橋に接舷
ドメルと沖田の対峙

ドメル艦の自爆。
意外と傷んでないヤマト。 オリジナルでは、もぼろぼろだったんだが。
波動防壁の性能がいいらしい。

でもやばい感が足りないとつまんないな。
ヤマトは未完成のまま発進し、修復と改善を施しながら未知の空間を突き進むところがかっこよかったんだ。
ま、すでにヤマト乗組員と化している我々にとって、すでにイスカンダルは未知の空間じゃなくなってるからいいのか。(^^;)

しかし雪が。
しかしユリーシャが・・。

古代が間違うほど似てるんだね。
だからガミラスも間違えた、と。

どうなる、雪。
ていうか、どこ行った?

 続きを読む
posted by デスラー at 23:00| Comment(0) | 宇宙戦艦ヤマト2199 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする