2013年09月15日

第二十四話 遥かなる約束の地

雪も戻ってきたし、イスカンダルも目前。
表面の約80%が海に覆われた地球型の惑星。

ヤマトの諸君。艦長沖田だ。
我々はついにイスカンダルへ来た。
見たまえ、いま諸君の目の前にイスカンダルがある。
この機会に艦長として一言だけ諸君に申し上げたい。
ありがとう。以上だ。

沖田のセリフは同じ。
けど「艦長」のイントネーションが気になる。

ヤマト、イスカンダルの海に着水。

が、ここへ来て、
波動エネルギーを兵器に転用したという理由で
コスモリバースシステムが受け取れない。
まじかよ。

というやばい状況なのに
ヤマトの女子たち、水着でイスカンダルの海へ。 い、いいね〜♪
徳川機関長と加藤は釣りってのが乙だ。

ヒス副総統もユリーシャもヤマトを擁護する意見をスターシャに

艦長と佐渡先生が未公開シーンのように甲板に出てきて
潮の香りだ、前に嗅いだのはいつだったろう。
取り戻したいもんですなぁ、この香りを。
ってことで地球の状況を見る側に想起させるところがいい。

スターシャにも苦悩が
イスカンダルの行く末・・・

生命を宿した惑星にはその星の物質と生命の進化の記憶が
時空を越えた波動として存在している。
その記憶を解き放つのが星の想いを宿した物質、星のエレメント。
コスモリバースシステムはそのエレメントがここに来なくては完成しない。

ヤマトそのものがコスモリバースのシステムとなる。

古代守の墓がイスカンダルに。
ガミラスの捕虜護送船がイスカンダルに墜落。
その中に捕虜として乗っていた。

守のビデオメッセージも存在した。
宇宙空間ではなくイスカンダルの地に眠った
新見が泣き崩れる・・・そうだったね。

コスモリバースシステムの受領完了。
ユリーシャはガミラスへ。メルダともお別れ。

帰ろう、ふるさとへ。

さようなら、守。
ヤマトを見送るスターシャの姿が意味深。

 
posted by デスラー at 18:00| Comment(0) | 宇宙戦艦ヤマト2199 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月08日

第二十三話 たった一人の戦争

第2バレラスからの砲撃 = 波動砲 = デスラー砲
わずかにヤマトを逸れエピドラに命中

スターシャから入電
抗議抗議

ガミラス空母3
艦載機バトル

ヤマトはガミラス本星に突入
帝都バレラス デスラー総統府

波動防壁 強えぇ。
ガミラス艦に正面衝突しても
総統府に突っ込み突き刺さっても
びくともしない!!

象が踏んでも壊れないふでばこのように。(^^;)
100人乗っても大丈夫な物置のように。(^^ゞ

波動防壁と亜空間磁力メッキがあればディフェンスは万全かも

古代を中心に突入隊を編成・・・する前に、
総統府からデスラー艦に相当する「デウスーラ」が離脱
雪もその中に

デスラー、第2バレラスの未完成633工区を分離
総統府に墜落させヤマトとともにバレラス殲滅を狙う

バレラス、ガミラス市民、そして自らを守るため633工区を波動砲で破壊することに
古代はゼロでユリーシャとともに雪の救出に向かう
波動砲は南部が発射
633工区を破壊

しかし第2バレラスに移ったデスラーがデスラー砲でヤマト=総統府を狙う
非情にも市民もろともヤマトを殲滅しようとする

雪が第2バレラスに工作 波動コアを暴走させる 自爆覚悟で
しかしノランが雪を生かすために宇宙空間へ開放
代わりにノランがレバーを操作

デスラー砲発射直前
第2バレラス崩壊
デスラー艦はジャンプしたっぽい。

古代が第2バレラスの瓦礫の中に雪を発見
宇宙空間で抱き合う

眼前にはイスカンダルが
めでたしめでたし

 
posted by デスラー at 23:00| Comment(1) | 宇宙戦艦ヤマト2199 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月01日

第二十二話 向かうべき星

東京都に竜巻注意情報 テロンBSップ

艦長日誌:

補修に立ち寄った惑星・レクタポーダにおいて、我々は驚くべき事実を知ることになった。
ヤマトが向かうべき目的地、希望の星であるはずのイスカンダルと、われわれの敵ガミラスは
2重惑星だったのだ。
両社の間には我々のうかがい知れぬつながりがあるらしい。
彼らガミラスはイスカンダルを崇拝の対象としていたのだ。
我々は、レクタポーダ収容所に収監されていたガミラスの高官・ディッツ提督との会談に臨んだ。
現政権に反旗を翻した彼らであったが、互いのいきさつを考えても、怨讐を越え、
すぐに手を携えられるはずもなかった。

だがガミラスに関する有益な情報はいくつか得ることができた。
指導者の名は、アベルト・デスラー。
総統として君臨し、この広大な星間国家を恐怖で支配しているのだ。
ディッツ提督たちは人々を解放するために他の収容所惑星へと向かった。

我々は袂を分かつしかなかった。

しかし、共闘できないまでも、彼らは連絡将校1名を残してくれた。
これは、未来に希望をつなぐことなのだと信じたい。

なお、敵に拉致された本艦の船務長・森雪の生存が確認された。
彼女と接したドメル婦人の話では、森雪はユリーシャとして、
んぐ、んん!おー!おお、まだだ、あと少し!


・・・というわけで、1話分になりそうなエピソードが凝縮された。


とりあえず、ヤマトにメルダ・ディッツが乗艦。

雪はユリーシャとしてデスラーの前へ。
付き人のノラン・オシェットにうっかりイスカンダルをきれいな月だとか
言っちゃったりしてやばい感じ。
景色がガルマン・ガミラスっぽい。
ミーゼラ・セレステラがお目付け役。
ヒルデ・シュルツちゃんがメイドさん。

デスラーが収容所にいたミーゼラを自分の手で救った。

茨城県、栃木県、千葉県に竜巻注意情報 テロンBSップ

ドメル追悼式典前。
もういい!ゲール君。がんばってくれたまえ。
ヤマトは絶対国防圏に侵入。
本土防衛に艦艇がない状況。
雪の素性がばれそう。がデスラーにはどうでもいいこと。
イスカンダルとの大統合承認に利用する腹積もり。

ガーレガミロン! ガーレイスカンダー! ガーレデスラー!

南部の戦術作戦案。
森船務長救出作戦を却下する古代。

メルダと玲とユリーシャのガールズトークがおもしろい。
ユリーシャをあんた呼ばわりする玲につかかったり、
加藤をサブちゃんと呼ぶ衛生士・原田真琴のセリフを拾ったり、
玲のため息にいい人いないの?とユリーシャが突っ込んだり、
カラフルなマゼランパフェにどぎまぎするメルダ。
こんなものが宇宙にあったとは・・。
ガミラスの艦載機を真っ赤に染めたり。
メルダはかわいいね。ほんとかわいいねぇ。

と、和んだところで、
いよいよヤマトは、ワープしてサレザー恒星系へ。
あれ?太陽系サンザーぢゃなかったっけ?

空間機動要塞都市 第二バレラス
稼働率80%
構わないよタラン、アレが使えさえすればいい。
来るべき遷都に備えたもの  イスカンダル? はたまた地球?

ワープ終了。
土星みたいな星。サレザー系第5惑星・エピドラ。
第4惑星軌道に2連星を確認。

あれ? 第8番惑星ぢゃなかったっけ?

ガミラス・イスカンダルのポイントA1に高エネルギー反応!
どうなる、ヤマト!?
地球滅亡の日まで、あと何日くらいだ??

 
posted by デスラー at 23:00| Comment(0) | 宇宙戦艦ヤマト2199 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。