2013年09月22日

第二十五話 終わりなき戦い

帰路

バラン星の亜空間ゲート ゲシュタムの門
銀河系側のゲートが生きていれば遅れを取り戻せる

ガミラスのSOS ミーゼラ
マグカップにBBY01 YAMATO とか印字してある。(^^;)

デスラー、ヤマトが欲しくなった?

そのヤマト、バランに到着
ゲール艦隊の待ち伏せに遭う

次元潜航艦とゲール艦隊が交戦
あれ? 潜航艦内に藪?

その隙にヤマトは亜空間ゲートへ

亜空間コリドー
デスラー艦がヤマトを捕捉 白兵戦へ
敵は機械化兵ガミロイド 真田に一計あり

デスラー自らヤマトに侵入
雪に遭遇 また会えて光栄の至り

ミーゼラ、デスラーに撃たれる
雪の涙の訴えにうろたえるデスラー
そこへ古代が 
ミーゼラが最後の息でデスラーを撃ち、自分も死のうと
雪が止めようとするが敵兵に撃たれ 血が拡がる

機械化兵にウィルス コントロール不能
デスラー、引き揚げる

デスラー帰艦
ゲート内はビーム砲が使えない
デスラー、自らデスラー砲をヤマトに向ける

ヤマト、矢継ぎ早に砲弾をデスラー艦に撃ち込み、
デスラー砲発射直前にデスラー艦を撃沈
亜空間ゲートを抜け、銀河系外縁へ

しかし、雪が!
古代が叫ぶ! ゆきぃ〜!!
どうなる、雪!

JUJU Distance:
YouYubeにフルバージョンがアップされました。

ドラマ仕立てです。木村多江さんが美しい。大人の魅力ですね。
みんなで聴き惚れましょう♪

 
posted by デスラー at 19:13| Comment(0) | 宇宙戦艦ヤマト2199 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月15日

第二十四話 遥かなる約束の地

雪も戻ってきたし、イスカンダルも目前。
表面の約80%が海に覆われた地球型の惑星。

ヤマトの諸君。艦長沖田だ。
我々はついにイスカンダルへ来た。
見たまえ、いま諸君の目の前にイスカンダルがある。
この機会に艦長として一言だけ諸君に申し上げたい。
ありがとう。以上だ。

沖田のセリフは同じ。
けど「艦長」のイントネーションが気になる。

ヤマト、イスカンダルの海に着水。

が、ここへ来て、
波動エネルギーを兵器に転用したという理由で
コスモリバースシステムが受け取れない。
まじかよ。

というやばい状況なのに
ヤマトの女子たち、水着でイスカンダルの海へ。 い、いいね〜♪
徳川機関長と加藤は釣りってのが乙だ。

ヒス副総統もユリーシャもヤマトを擁護する意見をスターシャに

艦長と佐渡先生が未公開シーンのように甲板に出てきて
潮の香りだ、前に嗅いだのはいつだったろう。
取り戻したいもんですなぁ、この香りを。
ってことで地球の状況を見る側に想起させるところがいい。

スターシャにも苦悩が
イスカンダルの行く末・・・

生命を宿した惑星にはその星の物質と生命の進化の記憶が
時空を越えた波動として存在している。
その記憶を解き放つのが星の想いを宿した物質、星のエレメント。
コスモリバースシステムはそのエレメントがここに来なくては完成しない。

ヤマトそのものがコスモリバースのシステムとなる。

古代守の墓がイスカンダルに。
ガミラスの捕虜護送船がイスカンダルに墜落。
その中に捕虜として乗っていた。

守のビデオメッセージも存在した。
宇宙空間ではなくイスカンダルの地に眠った
新見が泣き崩れる・・・そうだったね。

コスモリバースシステムの受領完了。
ユリーシャはガミラスへ。メルダともお別れ。

帰ろう、ふるさとへ。

さようなら、守。
ヤマトを見送るスターシャの姿が意味深。

 
posted by デスラー at 18:00| Comment(0) | 宇宙戦艦ヤマト2199 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月08日

第二十三話 たった一人の戦争

第2バレラスからの砲撃 = 波動砲 = デスラー砲
わずかにヤマトを逸れエピドラに命中

スターシャから入電
抗議抗議

ガミラス空母3
艦載機バトル

ヤマトはガミラス本星に突入
帝都バレラス デスラー総統府

波動防壁 強えぇ。
ガミラス艦に正面衝突しても
総統府に突っ込み突き刺さっても
びくともしない!!

象が踏んでも壊れないふでばこのように。(^^;)
100人乗っても大丈夫な物置のように。(^^ゞ

波動防壁と亜空間磁力メッキがあればディフェンスは万全かも

古代を中心に突入隊を編成・・・する前に、
総統府からデスラー艦に相当する「デウスーラ」が離脱
雪もその中に

デスラー、第2バレラスの未完成633工区を分離
総統府に墜落させヤマトとともにバレラス殲滅を狙う

バレラス、ガミラス市民、そして自らを守るため633工区を波動砲で破壊することに
古代はゼロでユリーシャとともに雪の救出に向かう
波動砲は南部が発射
633工区を破壊

しかし第2バレラスに移ったデスラーがデスラー砲でヤマト=総統府を狙う
非情にも市民もろともヤマトを殲滅しようとする

雪が第2バレラスに工作 波動コアを暴走させる 自爆覚悟で
しかしノランが雪を生かすために宇宙空間へ開放
代わりにノランがレバーを操作

デスラー砲発射直前
第2バレラス崩壊
デスラー艦はジャンプしたっぽい。

古代が第2バレラスの瓦礫の中に雪を発見
宇宙空間で抱き合う

眼前にはイスカンダルが
めでたしめでたし

 
posted by デスラー at 23:00| Comment(1) | 宇宙戦艦ヤマト2199 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする