2013年07月21日

第十六話 未来への選択

お、おーぷにんぐてーままでがぁぁぁ!!!

Fight For Liberty
UVERworld

うみゅ〜。(--;)
変えたっていいんだけどさー。

情緒がないんだよ。
ぜったい記憶に残らないでしょ。

・・・わからないのかなぁ。

宇宙戦艦ヤマトのメインテーマだよ。ずーっとずーっと続いてきた。
エンディングテーマをいじるより何倍も罪が重いことが。

もっと根本的なことを言うと、
ヤマトは、

音楽を大切にした、重視した、最初の革命的なアニメなんだ!! クラシックを取り入れたんだぜ!

ただのドンパチではない、ただの戦争ものでない、ただのSFでない、愛を重視したアニメなんだ!

なぜ、その基本を、想いを、軽く考える?

そこははずしたらだめだろ!

いいかげん気づいて欲しい。

・・・・・

惑星ビーメラ4
緑溢れる星。

ここに移住しようと考える反乱分子が、ヤマト内に。
ま、そうなるほうが自然か。

情報長・新見 保安部長・伊藤 機関士・藪

オリジナルでは藪はイスカンダルで反乱を起こし、ダイヤモンドヘッドに移住しようとしたんだが。
ここに持ってきたか。

おっと、アナライザー用にモビルスーツみたいな装備が。
ロボット用のロボット。
いや、モビルスーツというよりは、アバターのパワードスーツか。

岬百合亜 虫さん?
ナウシカみたいな。(^^;)

ビーメラ人は滅んだことに。
ここで波動コア

森雪=ユリーシャ・イスカンダルの説明があり、
山本玲の活躍があり、

保安員・星名
表がえった?(^^)
藤堂長官の本部長の直属
出雲計画派の動向を内定

ビーメラに墜落した?イスカンダルの宇宙船から資料を得る。

 
posted by デスラー at 23:00| Comment(0) | 宇宙戦艦ヤマト2199 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。