2013年06月30日

第十三話 異次元の狼

自由浮遊惑星バラン
なんだこの人工の輪っかみたいなのは?

バラン鎮守府
スケールアップしてるな〜。

次元潜航艦UX-01 艦長ヴォルフ・フラーケン
異次元空間を自由に航行できる。

艦長の手術 何らかの液体の中で

次元アクティブソナー
亜空間トランスデューサー

錨のしまわれ方が! 芸が細かい!

シーガル+亜空間ソノブイ
命令違反、なんだな。
古代の元教官 榎本 岩田・遠山、なんだな。

射角を読まれた! まじすか!

プローブ=潜望鏡を破壊

真田:あいつならどうしたと思う?
新見:たぶん、彼と同じことをしたでしょう。

 
posted by デスラー at 23:00| Comment(0) | 宇宙戦艦ヤマト2199 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。