2013年05月05日

第五話 死角なき罠


ほう、シュルツの肌の色が違うのは劣等一族だからなんだ〜。
ちなみに肌が青いのは純血一族とのこと。
オリジナルのときは肌が青いという設定ができていないままの放映だったと思われる。

シュルツはドメルの下で働いていたことがあった。

遊星爆弾は反射衛星砲で作っていたんだね〜。

当時発見されたばかりの冥王星。海はないことが現在までに確認されたので、
ガミラスが環境操作をして作った、という設定になったようだ。

コスモゼロがカタパルトにせり出してくる場面、はやぶさが飛び出す様、凝ってますな〜。

3発目の反射衛星砲をくらったヤマトが冥王星の海へ沈む姿、まるで完結編をみているようだった。

 
posted by デスラー at 23:00| Comment(0) | 宇宙戦艦ヤマト2199 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。