2013年04月21日

第三話 木星圏脱出

まず、冒頭のナレーションでのけぞる。
「宇宙戦艦ヤマトはついに16万8000光年の大航海へと旅立った。」
と言っていたぞ。

え? 14万8000光年じゃないの?
単なる言い間違い?
その設定を変える意味とは?
最近の調査で大マゼラン雲までの距離が修正されたとか?


シュルツの肌の色がオリジナルと同じ「肌色」だぁ!\(^o^)/

沖田艦長から「光の速度で航行しても往復33万6000年」という発言があったので、ナレーターのいい間違いではない。おそらく修正だ。
いまも宇宙は広がっているわけだし、2199年にはその程度の距離になっているという計算なのかも。

技術課情報長・新見薫ねぇさんの持っているiPadの未来型みたいなモニターによると、
波動砲の正式名称は「次元波動爆縮放射機」だそうだ!?

ワープ中、森雪のナイスバディが見え・・・た気がする・・・\(^o^)/

浮遊大陸、懐かしい!

「ロー九型自律式艦載分析ユニット AU-09」がアナライザーの正式名称だ!

ちょっとぉ、シュルツの娘「ヒルデ」ちゃん、超かわいいんですけど!
娘もやっぱり肌の色は「肌色」だなぁ。
これが30数年来の憎っくき宿敵ガミラスかぁ。
ん〜、さすがについていけない。(^^ゞ

あれぇ、ガミラス人の女指令が猫飼ってやがる!
しっぽが2本あるし!

波動砲の威力にはやっぱり感動しますな〜。

ヤマトの武器はあくまで身を守るためのもの。
武器は専守防衛にのみ使う。実に日本的で良い!

 
posted by デスラー at 23:03| Comment(0) | 宇宙戦艦ヤマト2199 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。