2013年04月14日

第二話 我が赴くは星の海原

宇宙戦艦ヤマト2199 第2話も楽しめました!

古代と島が地上にいる状態でヤマトのショックカノン砲を撃つように変わっている。
ガミラスがマクロスみたいにドイツ語っぽい言語で話してる!

そういえばオリジナル(ゆきかぜ・・)でも土星の衛星タイタンにいたガミラス兵が「ツバクカンサルバ!」とか言ってたよな。

あ、そうそう、第一話から土方指令が出てましたね〜。

地下都市の乗り物はチューブ式ではなくなりましたなぁ。
かつての未来都市のイメージは現実路線に修正されたか・・。

ヤマトの波動エンジンを始動させるために、全世界から電力供給を受けるとは。

いろいろ変わっていても納得しやすい考えられた変更と感じる。
主砲や波動エンジンの音、BGMなどはオリジナルを踏襲している安心感もある。

エンディングテーマ 愛詞(あいことば)
歌:中島美嘉 作詞・作曲:中島みゆき 豪華だ!

 
posted by デスラー at 17:28| Comment(0) | 宇宙戦艦ヤマト2199 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。