2010年11月30日

テレビで実写版ヤマトの特番

TBSテレビの”映画「SPACE BATTLESHIP ヤマト」ナビ”見ました。

なんだか思っていたよりも遥かにすごい映画になっているようですね。

実写版に対する疑問符は制作側も最初から持っていたことや、森雪をはじめとするキャラクターの設定の違いに対する苦悩も持ちながらも、いいものを作ろう、作れる、という意気込みを持って取り組んだことがよくわかりました。

あまり言及はしていませんでしたが、世界に通用する映画を意識しての設定変更、と感じました。

それにそうとう泣けるみたいですね。

キムタクもチャラけた部分をかなり抑えていて、かっこいい古代を演じているし。
ギバちゃんの真田なんか、そっくりって感じだったし。

ますます観てみたくなりました。
(試写会は当たらなかったみたい・・・orz)


ところで、TBSは「SPACE BATTLESHIP ヤマト」に力を入れていますね。
きょう30日は「お茶の水ハカセ」、12月3日は「ぴったんこカンカン」に注目です。
あと3日にはテレ朝「徹子の部屋」にキムタクが出ます。

 
posted by デスラー at 07:04| Comment(0) | 宇宙戦艦ヤマト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。