2013年05月26日

第八話 星に願いを

デスラー紀元103年記念式典。
アベルト・デスラー  レドフ・ヒス  ヴェルテ・タラン  ガデル・タラン
タランも側近として出てますね〜。弟もいるんだ。

では諸君、ゲームを始めよう。

ラジオヤマト、か。
癒しを提供してますね〜。

地球から8.6光年。シリウス星系。
8年前の地球の姿がVLBI望遠鏡で見られる。

ゲールのレベルの低さに首をかしげるデスラー。

12光年。グリーゼ581星系。
出雲計画で探査予定だった星が近い。

フレアプラズマ。人為的増幅太陽風。
デスラー魚雷。⇒ガス生命体。

ガス生命体を恒星に焼かせるのは同じ。
避けられない太陽フレアを波動砲で打ち抜くのも同じ。
シュルツは太陽フレアで焼死。

posted by デスラー at 23:00| Comment(0) | 宇宙戦艦ヤマト2199 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月19日

第七話 太陽圏に別れを告げて

地球指令本部 ⇒ 極東管区行政長官・ヤマト計画本部長 は
藤堂平九郎 で決まり。

コスモリバースシステム

ちょっと待った!
波動エンジンの設計図を届けに来たのは、サーシャではなく、ユリシャ??
しかも1年前?

まぁ、解析⇒製作期間を考えればそういう設定のほうが妥当だとは思うけど。。
あんまりストーリーが変わりすぎるとなぁ。

サーシャ・イスカンダル。ユリシャ・イスカンダル。

太陽系赤道祭

家族がいないのは、古代と沖田に加え、山本も。
マーズノイド。火星育ちは目が赤いんだ。
雪は土方に育ててもらったんだ。
雪は記憶喪失・・1年より前の記憶がない。

 
posted by デスラー at 23:00| Comment(0) | 宇宙戦艦ヤマト2199 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月12日

第六話 冥王の落日

テロン=地球 テロン人=地球人
どうもヤマト艦内にもガミラス帝星にも女性の姿が目立つなぁ。

ゲールを差し置いて直接デスラーに報告するシュルツ。
ガミラスにはサーベラーみたいなのがたくさんいて、ギスギスしたやな感じだ。

BBY-01 ヤマトの型番?

加藤がお経を唱えながら飛んでるのは変な感じだ。

反射衛星砲をかわすために潜水を繰り返しながら反射衛星砲のありかを突き止めるオリジナルの手法がなくなっちゃってちょっと寂しい。

逆さまのまま浮上するのは新しい。

主砲の砲門から「空対地ミサイル」と「ショックカノン」を切り替えて打てるのは新しい。

ゲキタムジャンプ=ワープ
プラード=冥王星

 
posted by デスラー at 23:00| Comment(0) | 宇宙戦艦ヤマト2199 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。