2010年09月18日

実写版『宇宙戦艦ヤマト』主題歌はエアロスミスのスティーヴン・タイラーの書き下ろし曲に!

実写映画化した映画『SPACE BATTLESHIP ヤマト』の主題歌が、アメリカのロックバンド、エアロスミスのボーカル、スティーヴン・タイラーの初ソロ曲「LOVE LIVES」に決定。

山崎貴監督をはじめとするヤマト制作陣がタイラーサイドに熱烈オファー。
制作陣の熱意と作品の持つ世界観、愛する人を守りたいというテーマに感銘を受け、「ヤマト」の為にオリジナル曲「LOVE LIVES」を書き下ろした。

スティーヴン・タイラーの率いるバンド、エアロスミスは、やはり宇宙を舞台にした壮大な映画『アルマゲドン』の主題歌「ミス・ア・シング」を全米で4週間にわたってセールス1位を記録し、アメリカのみならず世界的に大ヒットさせている。

エアロスミスの最新ヒット・アルバム「JUST PUSH PLAY」のプロデューサー、マーティ・フレデリクセンとスティーヴン・タイラーが再びタッグを結成、「ミス・ア・シング」のヒット再来を確信させる歴史的名バラードを作りあげた。

社会現象とも言える空前の「ヤマトブーム」を巻き起こし、現在でも絶大なる人気を誇る「宇宙戦艦ヤマト」。この実写化不可能と思われていた物語が、2010年最新のVFX技術によって新たに蘇った『SPACE BATTLESHIPヤマト』。
主演の古代進役には木村拓哉(SMAP)を迎えるなど早くも史上最大の映像プロジェクトとして話題を呼んでいる。
posted by デスラー at 15:08| Comment(0) | 宇宙戦艦ヤマト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする